facebook twitter instagram youtube BASE

鹿児島県北西部に位置する出水市(いずみし)には、ナベヅルとマナヅルとが、毎年10月中旬ごろから3月末ごろまで越冬のためにシベリア地方からやってきます。

その数は1万羽以上!!ツルが一斉に飛び立つ姿は圧巻です。

そんな出水市のシンボルでもあるナベヅル、マナヅルをもっと多くの方々に知っていただければという思いで、ナベヅルとマナヅルをモチーフにした作品の制作・販売を行っています。

ツルを思いながら、ゆるりとしたペースで進めている小さな活動です。

お付き合いいただければ幸いです。

九州地図